Nadegata Instant Party
『インストール パーティー』

公開制作:03.22(THU)−03.26(MON) 9:00-19:00 会期中無休
記録展示:03.27(TUE)−04.07(SAT) 12:00-18:00 会期中無休

 

"高いところにあるバナナでおいしいデザートが食べたいんだ。"
部屋の中心の高いところに、まだ熟していない緑色のバナナが吊り下がっている。
どうにもあと少し、大川さん(とたんギャラリー住人)が手を伸ばしてもとどかない。
「そうだ、床をもう少し高くすればいいんだ。」
床が高くなって、大川さんが楽々とバナナがとれる頃、
緑色のバナナが食べごろの熟したバナナになってるに違いない。
だとしたら、それまでにバナナのおいしいデザートのレシピを用意しなければならない。
「だって僕たちは、高いところにあるバナナでおいしいデザートが食べたいんだ。」
 
 
[concept & contents]
本プロジェクトは、公開滞在制作期間の3月22日から26日の間に、刻一刻と変化していくギャラリーの場自体をプロジェクトの主軸としています。公開制作期間中は、毎日17時から日替わりのイベントを行います。そして3月27日からの展示期間は、それまでの制作ドキュメントを中心とした内容となります。
 
1. 床を70cm上げる
公開制作中、訪れた観客と共に、リビングと和室の床を木材を用いて70cm高くします。
 
2. レシピ/3時のおやつ・ヘボの時間
バナナがとれた時、それを使っておいしいデザートを食べるため、レシピを考えなければなりません。そのため、公開制作の一週間は毎日、「3時のおやつ」の時間を設定して、いろいろなバナナのデザートを試作して試食していきます。その中で最もうまくいったレシピを展示期間の初日の3時に「バナナのおいしいデザートのレシピ」として発表します。そして、そのデザートを展示期間中、「3時のおやつ」に来場していただいたお客さんにふるまいます。また、3時のおやつと連動し、毎日3-4時の1時間はおやつを食べながら「ヘボの時間」を開催します。
 
※「ヘボの時間」とは、Nadegata Instant Party自作の簡単なゲームをする時間です。
 毎日ゲームの内容は異なります。
 
3. パーティー
公開滞在制作中は、毎日床を作りに集まった人々とパーティを開催します。
日によって500円程度の参加費用がかかります。(要問い合わせ)
 
[event schedule]
3/23(金) 「ナデガタ ナイト サファリ 〜闇夜の僕らは美しく」
       NIPと大川さんが泥酔し眠る部屋に入り、マジックと懐中電灯をもって落書きをします。
3/24(土) 「ナデガタ エクササイズ 〜あ、健太のオヤジも走ってる!?」
       NIPとギャラリー来場者やご近所のみなさんでスポーツをします。
3/25(日) 「ナデガタ ミッドナイト デート 〜夜のあいつは勇み足」
       参加者がカップルになり、夜のお散歩を楽しみます。
3/26(月) 「ナデガタ メモリアル パーティー 〜ねえ、聴いてよ。」
       公開滞在制作の最終日、NIPがこれまでの制作を振り返り、
       スライドショウを中心に思い出話に花を咲かせます。
3/27(火) 「インストール パーティー」
       展示のオープニングパーティーです。
4/7(土)  クロージングパーティー
 
※イベント参加費用 ¥500 (1Drink)、
23-26日は各イベント定員20名、予約優先とさせていただきます。
パーティースケジュール ダウンロード↓
 
 
4. ドキュメント展示
展示期間中は、70cmの床と滞在制作中の記録が展示されます。
 
 
・・・はたして大川さんはバナナに手が届くのでしょうか。
おいしいレシピは見つかるのでしょうか。
僕らは高いところにあるバナナでおいしいデザートが食べられるのでしょうか。
 
 
[profile]
Nadegata Instant Party (ナデガタ インスタント パーティ)
本末転倒型パーティグループ。2006年12月結成。
中崎透、山城大督、野田智子の3人からなるプロジェクトパーティーユニット。
ある一つの目的を用意し、その目的を達成するために作戦を企て実行する。
 
ウェブ http://www.nadegatainstantparty.org/
ブログ(毎日の様子がわかります) http://nadegata.exblog.jp/

中崎透 (なかざき・とおる/Toru Nakazaki)
1976年 茨城県生まれ
2002年 第17回ホルベインスカラシップ奨学生
2007年 武蔵野美術大学大学院造形研究科博士後期課程在籍
主な個展
2003年 「signmaker NAKAZAKI」(PKW/シンガポール)
2005年 「Save the Earth」(gallery SATORU/東京)
2007年 「ROCKET×ROCKET」(中崎透遊戯室/東京)
主なグループ展
2004年 「第7回岡本太郎記念現代芸術大賞展」(川崎市岡本太郎美術館/神奈川)
2005年 「Favore-どうぞ- 鈴木淳×中崎透(αm project)」(art space kimura ask?/東京)
2006年 「看板屋なかざき(上を向いて歩こうPROJECT参加)」(元レストランフジ/青森)
その他の主なプロジェクト
2003年 「BEER SPLASH PROJECT」(隅田川駒形橋下/東京)
2004年(-2006年)「Re-Fort PROJECT vol.1-vol.4 」参加(東京、千葉)
2005年(-2007年)「中崎透遊戯室 PROJECT vol.1-vol.20」(武蔵野美術大学/東京)
 
山城大督 (やましろ・だいすけ/Daisuke Yamashiro)
1983年 大阪府生まれ。
2001年 大阪市立工芸高校 映像デザイン科 卒業
2002年 インターメディウム研究所・IMI「大学院」講座 M0 修了
2004年 岐阜県立情報科学芸術アカデミー(IAMAS) 卒業
2004年 Matthew Weinstein(sonnabend gallery) 制作アシスタント NewYork
2006年 京都造形芸術大学 ASP学科 卒業
2006年 山口情報芸術センター 勤務 エデュケーター
主な展覧会
2004年 「美チャンネル」(Ars Electronica 2004 TIMESHIFT/オーストリア、リンツ)
2005年 「anonymous light /hidden memory」 (KYOTO ARTBEAT 2005 元立誠小学校/京都)
2005年 「Almost Something」( at Flux Factory /NEWYORK)
2005年 「アーカイ美味んぐ展 暗黒の騎士」 (art project room ARTZONE/京都)
2006年 「index #2」アーカイ美味んぐ(art project room ARTZONE & TOKYOWONDER SITE/東京)
2006年 「anonymous light /super high light」(京都造形芸術大学 ギャラリーRAKU/京都)
 
野田智子 (のだ・ともこ/Tomoko Noda)
1983年 岐阜県生まれ
2005年 成安造形大学造形学部デザイン科写真クラス卒業
2005年 静岡文化芸術大学大学院文化政策研究科アートマネジメント系入学
ワークショップ
2006年 「ハママツアイズ!」(やどかりギャラリー/静岡) 
プロジェクト
2005年 「MOT:MUSEUM OF TRAVEL」(代官山インスタレーション2005/東京)